読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

努力するのも才能。「やればできる」は「やることができない」という意味なんだ。

ビジネスマインド

 

 

子どもの頃は未来があった

小学校の頃は、そこそこ勉強ができていました。

ダメになったのは中学2年からですね。英語、数学、理科と挫折しました。

 

一度挫折すると、その後は努力をしなくなります。

授業、宿題、テストと、まともに向き合わなくなりました。 

 ただ、余裕とプライドはありました。

「小学生の頃は、そこそこできていた」というプライドが余裕を生んでいたのでしょう。

自分は、「やればできる子」なんだと思っていました。

で、また、周りも言うんです。「あなたは、やればできる子」だと。

 

結局、そこへ逃げ込みました。

スイッチを入れてやる気を出したら、いつでも巻き返すことができる。

だって、まだまだ未来があるんだから。

 

【こちらもチェックしておきたい】 

mataleao.hateblo.jp 

mataleao.hateblo.jp

 

 

勉強で勝負しなくてもいいんじゃない

高校でも大学でも、まともに勉強しませんでした。

「やればできる」を引きずりつつも、やるのがどんどん面倒になっていました。

なんとか人生歩めているし、別に勉強で勝負しなくてもいいじゃんって感じでした。

 

そして社会人になりました。

「やった!勉強のプレッシャーから解放される!!」

しかし、それは間違っていました。

社会に出たら勉強しなければ通用しませんでした。

何でもかんでも吸収していかなければ通用しないんです。

 

当初は、「なんで大人になってまで勉強しなければならないんだ」と思っていました。

しかし、勉強すればするだけ仕事の成果が上がるものです。

努力が報われる体験を繰り返し味わうにつれ、こんなことを思うようになりました。

「なんで、子供の頃にもっと勉強しなかったのだろう」

 

 

子どもの頃の「未来」に立った今

子どもの頃に、「いつでも巻き返せる。やればできるんだから」と考えていた未来に、今立っています。

必要に迫られて勉強を続ける毎日です。

社会人は皆それぞれ「日々勉強」です。

おかげで、勉強することの楽しさも何となくわかるようになりした。

結果に反映されるとモチベーションにもつながります。

 

子どもの頃も大人になった今も、私は「やればできる子」なのでしょう。

しかし、今は「やればできる」なんて口にしたことも思ったこともありません。

周囲も私に対して「やればできる」といった発言をしたことありません。

 

「やればできる」は、「やることができない」という言葉の裏返しなのですね。

「やればできる」を真に受けていました。

 

あの当時、私は自分自身に対して、「私は、やることができない子だ」と言っていたのです。

そして周囲の人間も、「あなたは、やることができない子だ」と言っていたのです。

  

今現在、「やればできる」と思っている人たちへ。

「やればできる」は「何にもできない」のと同じです。

だって、やってないのですから。

 努力できない自分をごまかさないで、「自分は何もできないし、やっていない」と、認めるところからやっていきましょう。

【こちらもチェックしておきたい】  

mataleao.hateblo.jp 

mataleao.hateblo.jp

 

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法

 

  

まずは、自分をまるっと肯定しよう

まずは、自分をまるっと肯定しよう

 

  

生きづらい時代と自己肯定感 「自分が自分であって大丈夫」って?

生きづらい時代と自己肯定感 「自分が自分であって大丈夫」って?