読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

大晦日に放送された総合格闘技「RIZIN」は、何をどうしたかったのか

 

mataleao.hateblo.jp

 

 

 

 

 

 日本の総合格闘技が復活の狼煙をあげた

年末に日本の総合格闘技が復活した。

 

かつて、日本の総合格闘技を引っ張り、世界基準になったPRIDE。

あれからもう10年。

今、日本では総合格闘技について口にする人はいない。

一方アメリカでは、総合格闘技がメジャースポーツに食い込む程の人気を博している。

 

そんな中、日本の総合格闘技を復活させるべく開催されたのが、「RIZIN」だ。

「RIZIN」は、総合格闘技をイベントではなく「競技」として成功させるといったコンセプトでスタートした。

 

私は、29日に放送された試合を観てガッカリした。

それについては、この記事で触れている。 

mataleao.hateblo.jp

 

 

やはり「残念」なイベントに終わった

何がガッカリしたかと言うと、「RIZIN」をイベントではなく協会として運営するといった理念が、完全に置き去りにされていたからだ。

 

PRIDE時代の「悪いクセ」はまったく抜けていなかった。

「階級無視」と「ネームバリュー最優先」のマッチメイク。

 

31日の放送を観ても、それは変わらなかった。

曙VSボブサップ、ピーターアーツVSバルトの試合、やる意味あったのか。

あの見苦しい試合で、誰が得したのか。

誰も得しなかったのではないか。

「何のための協会」「何のための競技化」なのか。

 

UFCと比較するのも気が引けるが、UFCではヘビー級でも確かな技術を持っている選手しか勝ち残れない。

ネームバリューは、実力があってはじめて価値が出るものだ。

 

この動画を観れば、言いたいことが伝わるだろう。

見た目は完全に「力頼り」にしか見えないビッグフットでさえ、打撃も寝技もこれだけの技術を兼ね備えているのだ。

また、このマークハントをみて、誰が「昔Kー1で強かったけど、今では名前だけの選手」と言えるだろうか。

【動画はコチラ】

Mark Hunt Bigfoot Silva

 

  

女性ファイターの試合もそうだ。

ギャビ・ガルシアvsレイディー・タパの試合。

 

体格がまるで違うことに違和感を覚えないのか。

また、レイディー・タパについては、ラッシュをかけられると半身になって後ろを向くなど、打撃初心者がやるような逃げ方をしていた。

ギャビ・ガルシアにしても「シウバを絞め落とした」などと謳われていたが、試合慣れしていない感じがモロに出ていた。

いかにもビッグマッチであるかのように煽るのであれば、こういう試合を期待してしまう。


Ronda Rousey - Boss

 

選手は悪くない。運営がもっとしっかりするべき

ここで、誤解が無いようにしておきたいが、私は選手を尊敬している。

勝った選手も負けた選手も立派だ。

私は、アマチュア以下だが実際に総合格闘技をやっている。

だから、彼、彼女たちが、どれだけスゴいことをしているのかわかる。

 

私が、どうにも複雑な心境になってしまうのは、運営についてだ。

総合格闘技が好きだから、今度はブームではなく、競技として浸透させて欲しかった。

理念だけは立派だが、やっていることは結局PRIDEの悪い部分を前面に出した格闘イベントだった。

 

唯一認められる部分は、オープンフィンガーグローブがミリタリーっぽくて、UFCのものよりもオシャレだという点だ。(完全な主観だが)

 

【コチラもオススメ】 

mataleao.hateblo.jp 

mataleao.hateblo.jp 

「RIZIN」を改善するには

とは言え、文句ばかり言ってもはじまらないので、いくつか提案させてもらいたい。

今後、日本の総合格闘技を競技化させるのであれば、フジテレビは「修斗」を全面的にサポートするべきだ。

 

 

大人の事情で、どうしても自前で協会を立ち上げたいのであれば、次のことを実施して欲しい。

 

・K-1の亡霊をいつまでも引きずらない。

 ➡試合は、男性と女性の総合格闘技ルールのみでおこなう。

 

・客寄せパンダを排除する。

 ➡階級軽視の概念を徹底的に改めて、階級に基づいたマッチメイクをおこなう。

 ➡実力に基づいてランク付けし、ランキングに基づいたマッチメイクをおこなう。

 

・ロープをつかんでもOKにする。

 ➡ロープをつかむのがダメなら、そもそもリングにするな。ゲージに変更しろ。

 

・トーナメントを中止する。

 ➡不確定要素を排除し、実力重視にする。選手を大切にする。

 

・その他

 ➡ファイトウェアブランドをサポートする。

 

日本の総合格闘技を「RIZIN」を通じて、イベントではなく協会として競技化したいのであれば、上記のことをすれば良いと断言する。

 

ただ、久しぶりにテレビで総合格闘技に触れることができて、とても嬉しかった。

身体に鞭打って試合をしてくれた選手とフジテレビ、その他関係者には本当に感謝するし、これからももちろん応援する。

 

                               おわり

 

【29日に開催された内容に関する記事はコチラ】 

 

mataleao.hateblo.jp

 

 【最新記事】

mataleao.hateblo.jp

 

 

 

 

 

【コチラもオススメ】

mataleao.hateblo.jp 

mataleao.hateblo.jp 

mataleao.hateblo.jp